飲食店を開業するためのコツや手順を知っておこう

ネットワークによる連動

レジスター

販売戦略が立てやすくなる

店舗運営をしていると耳にするこのあるポスレジは、キャッシュドロワやレシート印刷ができるだけのレジスターとは異なります。ポスレジのポスは英語の「Point of Sales」の頭文字から取られた言葉で、「売れた時点で」という意味にあたります。企業のニーズに合致したPOSシステムの導入は、経営上で重要になってくるので良く理解して導入することが大切です。ポスレジはインターネット回線を利用して、複数のレジスターを連動させるシステムです。複数のレジスターを統括するホストに在庫や販売価格などの情報を登録しておけば、会計がスムーズにできるのが特徴となります。また、「売れた時点で」という意味通り、会計で売れたものはホストに素早く反映されるため、リアルタイムで売れ行きを確認することができます。これを利用することで在庫管理や仕入、売れ筋などのマーケティングにも使えるなど、販売戦略を決めるのに重要なシステムとなっているのです。店舗内で管理するのが一般的な使い方ですが、ポスレジはインターネット回線で繋ぐことができるので、チェーン店同士を繋いだ会計管理を行うことも可能となっています。本来なら各店舗に足を運んで売り上げなどを集計する必要がありますが、本店に情報を集めるといったポスレジの使い方をすれば、移動などの手間が軽減されるようになります。売り上げは即座に確認できるので、不足した在庫の発注処理に役立つだけでなく、店舗ごとの人気商品などを知ることができます。